銚子電鉄

e0029945_19533275.jpg
腐った枕木を取り替えることも出来ないほど貧乏な電鉄。存続が危ういと言うニュースを聞いて電車狂の息子はいち早く視察に出かけ、乗車、買い物など少しは業績に寄与したらしい。息子が小学生の頃、途中のJRを青春18切符という超安価な切符で、このレトロな電車に乗りに行ったのが忘れられなかったらしい。親父も行くべきだとの意見に従い、乗りに出かけた。この赤茶色の車両、40年も使用しているとのこと。しかも、その前身は地下鉄銀座線で活躍していたとのことである。
e0029945_19575296.jpg
この日は、広告料でこの電鉄を支援している企業の広告電車に乗る破目になった。昔は吊り広告も大部分が手書きだったのに、この電車は支援企業の印刷された広告のみ。
e0029945_1959164.jpg
終点戸川の駅
e0029945_19594031.jpg
犬吠崎
e0029945_2034054.jpg
有名になった濡れ煎を売っている犬吠駅。乗車賃の売り上げより濡れ煎など物品販売の方が多いという。
[PR]
by tutumiyosi | 2007-06-09 20:06
<< うちのあじさい せっこくと甘茶 >>