「ほっ」と。キャンペーン

お年賀

e0029945_11412513.jpg

本年もよろしくお願いします。
上の写真は、本栖湖からの富士山です。富士山マニアの方の撮影したものです。1000円札の裏面の撮影ポイントの近くで撮影されたそうです。
[PR]
# by tutumiyosi | 2008-01-01 11:49

さぎそう その2

e0029945_10534174.jpg
さぎそうの写真第2報です。いずれも愛好家の方から、原産地のはっきりしているものを譲っていただいたものです。最初は、武蔵野といわれるかって世田谷のどこかに自生していたものです。今では世田谷には自生はありませんが、愛好家の方がかなり昔に採取したものをえいえいとして栽培し続けたものです。
e0029945_113111.jpg
次は三重県の鈴鹿に自生していたものです。とても丈夫です。
e0029945_1165788.jpg
伊那にお住まいの方からいただいた伊那産のさぎそうです。さぎそうもこのように群植するとほのかな芳香が漂ってきます。
e0029945_11101976.jpg
阿蘇山の麓に自生していたさぎそうの種をいただきました。それを無菌培養という手法で発芽させ、ここまで育てました。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-08-10 11:10

さぎそう その1

e0029945_8113225.jpg早咲きのさぎそうが満開になりました。一昨日、昨日の雨で少し乱れてしまいましたが、なんとか撮影できました。今年は、できればいくつかのさぎそうをご紹介したいと思います。今回は、宮城県原産のさぎそうです。さぎそうの開花は一般に北の原産のものほど早い傾向があります。これから、関東や関西の原産物が開花します。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-07-31 08:12

ネジバナ

e0029945_21135656.jpgネジバナ、モジズリともいう。地方によってはネジリバナとかネジリンボウとも呼ぶ。公園の芝生などで時々見かける。色は写真のようなピンクの濃いものから薄いものまで、白いのもある。花が茎にらせん状につくのでネジバナという。これでもランの仲間、よく見ればリップがついているのが解る。一つ一つの花は5ミリにも満たない。雑草として引き抜かれたり、気づかずに見過ごされたりされているが、見れば見るほどいとおしくなる。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-07-01 21:27

烏山川緑道のなつかしい花

e0029945_2283315.jpg所要で烏山川緑道を自転車で通った。回りを良く見ると、最近あまり見かけなくなった花が咲いている。いつ誰が植えたか知れないが、ガーデニングブームでもてはやされる一年草と違い、毎年毎年凛として咲いている多年草だ。まずはカンナの写真。

e0029945_229191.jpgタチアオイ


e0029945_22111026.jpgヒメヒオウギアヤメ

e0029945_22132626.jpg比較的最近植えられたと思われるアガパンサス

e0029945_2216775.jpg
ハマユウ
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-06-30 22:17

ウチョウラン

e0029945_214174.jpgウチョウランというかわいい蘭がある。かって低山の崖などに沢山自生していたそうだ。自生していた花は殆ど左の写真のような花だった。基本種ともいえるこのような花は大事にされず、今や珍しいものとなってしまった。

e0029945_2205099.jpg採集者達は争うように山に入って、ウチョウランは乱獲された。運のよい採集者はこの写真のような美しい花をみつけた。発見された当時は大変な高額で取引されたと言う。

e0029945_2211966.jpgその後、無菌培養という手法が取り入れられ、交配が重ねられて派手な花が主流になり、往時のような花はあまり顧みられなくなった。派手な花の一例が写真の花だ。しかし、私は往時の花の野性味のある花の方が好きだ。

e0029945_22192417.jpgウチョウランの地域変種で千葉県だけに自生していたアワチドリの基本種。ウチョウラン同様、人口交配が進んで、このような基本種は滅多に見られない。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-06-29 22:30

うちのあじさい

e0029945_21545270.jpg
アジサイの季節になりました。我が家も狭い庭に何本かのアジサイが植えてあります。日本原産のアジサイがヨーロッパに渡り、里帰りした西洋アジサイは花が大きく色も派手で見栄えがしますが、どうも気に食わず、我が家は日本のアジサイ中心です。アジサイはひっそりと咲いてる感じがいいですね。
e0029945_2201814.jpg
山アジサイの「くれない」です。我が家に来た頃は珍しかったのですが、最近は園芸店でよく見かけます。
e0029945_223521.jpg
山アジサイの「清澄沢アジサイ」です。白っぽい花ですが紫紅色の縁取りがあり、上品です。
e0029945_227167.jpg
ただ一つ日本アジサイでないのがあります。北米原産のアナベルです。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-06-11 22:09

銚子電鉄

e0029945_19533275.jpg
腐った枕木を取り替えることも出来ないほど貧乏な電鉄。存続が危ういと言うニュースを聞いて電車狂の息子はいち早く視察に出かけ、乗車、買い物など少しは業績に寄与したらしい。息子が小学生の頃、途中のJRを青春18切符という超安価な切符で、このレトロな電車に乗りに行ったのが忘れられなかったらしい。親父も行くべきだとの意見に従い、乗りに出かけた。この赤茶色の車両、40年も使用しているとのこと。しかも、その前身は地下鉄銀座線で活躍していたとのことである。
e0029945_19575296.jpg
この日は、広告料でこの電鉄を支援している企業の広告電車に乗る破目になった。昔は吊り広告も大部分が手書きだったのに、この電車は支援企業の印刷された広告のみ。
e0029945_1959164.jpg
終点戸川の駅
e0029945_19594031.jpg
犬吠崎
e0029945_2034054.jpg
有名になった濡れ煎を売っている犬吠駅。乗車賃の売り上げより濡れ煎など物品販売の方が多いという。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-06-09 20:06

せっこくと甘茶

e0029945_8374581.jpg
知り合いにせっこくを育てている人が何人かいるようなので、我が家のせっこくの写真をアップしてみました。伊豆諸島、御蔵島産ということでいただいたもので、芳香があります。庭木にぶらさげておけば、手入れいらずのものぐさ派にもってこいの花です。
e0029945_846175.jpg
甘茶の花が咲きました。アジサイの中で一番早く咲きます。この花を見ると、遠い昔、花祭り(潅仏会)で飲んだ甘茶の甘かったことが思い出されます。甘いものなど手に入らなかった時代でした。甘茶は、この木の葉を発酵させたものを煮出して作るそうです。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-05-20 08:56

ナンジャモンジャ

e0029945_23324170.jpg
神宮外苑にナンジャモンジャの木があるという話は聞いていたが、テレビにまで紹介されたので、外出ついでに覗いてみた。木の下に説明あり、由緒のある木だそうだ。全体を撮るとまるで雪をかぶったようである。
e0029945_23271067.jpg
花を大きく写すと、ごく繊細な花だと解かる。
e0029945_23291488.jpg
信濃町駅近くにも別の木があった。
[PR]
# by tutumiyosi | 2007-05-04 23:33